オートモビル・ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視力矯正 その2
s-651t_chp_8021c.jpeg
で、見つけたのが
“999.9(フォーナインズ)”
雑誌広告等でみかけて知ってはいたが、名前だけという程度でした。
調べていくうちにどんどん気になる存在になっていきました。
「日本人の職人技的工芸品」
と私は解釈しました。

取扱店を探してみると、何と我が家から15分程のところに眼鏡屋さんがありました。
そして早速出向くと、この辺には似合わないようなお洒落な初老の夫婦が経営されるセンスの良い店舗でした。入った瞬間に「ここなら間違いない!」と、変な直感がありました。

随分と吟味した結果決めたのが上の画像。
“S-651T”
ここのフレームはすべて掛け心地が別格です。掛けた瞬間ニヤけます。

視力検査・レンズの選定等々、今までの眼鏡屋さんではこんなに打ち合わせした事無い程時間をかけて説明してもらい、さらにこの店にして良かったと感じました。身体に着けるものですからコレが本来の姿なんでしょうけど。

仕上がりは今度の日曜日。
安い買い物ではなかったが、満足度でいえば損はしてないと思えます。



カネコメガネ
http://www.k-optic.com/
スポンサーサイト
視力矯正
starck.jpeg
親族に目の悪いものはほとんどいないのだが、私はド近眼である。
眼鏡なしに新聞でも読もうと思えば、10cmくらいに近づかないとピントが合わない。
中学に入ってから急激に悪くなったので、先の塾に通い出したのが大きな原因であろう。

サングラスが好きである。なので非常に困る。レーシック手術も数年前から考えたりもしているが、いろいろ調べているとまだ踏み出せない。
「手術をする眼科医が眼鏡をかけていることが、そのリスクを表している。」という記述を目にしてから特に。

今かけている眼鏡ももう8年目。レンズのコーティングがはがれかけて少々みすぼらしくなってきたので、去年の夏頃から次の眼鏡候補をボチボチと探し始めていた。

某チェーン店に良さげなフレームがあり出向いたが、店員のほとんどが研修中。質問してもあやふやで待たされてばかり。気に入った色が無かったので取り寄せを頼んだけれど、結局連絡なし。研修中に辞めてしまったか?
他のチェーン店にも行ったが、欲しいと思うものは無く年を越してしまいました。

正月休みの間に検索しているうちに刺さったのが上の画像。
STARCK EYES
ここのデザインは相当気に入りました。が、価格が私にとっては少々高めなのと取扱店が近くに無いのでボツ。

という事で、今日はここまで。
記念品
LV2011.jpg
今年の夏に40の誕生日を迎え、その記念に妻から財布をプレゼントされました。
サプライズで貰うのもいいのですが、高価なものはやはり自分の目で確かめてから購入したいので、予定が延び延びになり今となってしまいました。今年のうちに間に合いました。

いい歳なので、大人な感じの長財布を探していました。いろいろ見ているうちにピン!と来るものがありました。
長財布と二つ折り財布の中間的なサイズ。人間が中途半端なのでお似合いなのかもしれません。

“LOUIS VUITTON”。
一時期、猫も杓子も持っていましたし(ニセモノも含め)、特にいかにも不相応な人々(若造)が手にしていたので嫌気がさしていました。しかし、モノには罪はありません。一流の職人が造った一流の製品。自分で所有して評価してみたいと思います。
そして、似合う大人になれるように素敵な生き方をしていきたいと思います。
同じ穴の
mujina2.jpg
職場周辺に出没する“ムジナ”をやっと激写することができました。
小さい頃は昔話に出てくるムジナを狸だと勘違いしていましたが、調べてみると違いますね。
“穴熊”です。
mujina1.jpg
胴体はずんぐりと平べったい感じで、一時流行った“たれぱんだ”の様でもあります。
サイズ直し
昨年プレゼントした10周年記念指輪のサイズが若干キツいとのことで、サイズ直しに出してました。
やはりこっそりと計測していたのでズレがあったようです。サプライズの代償と考えれば大したことありませんが。

偶然見つけたこのオーダーリングをお願いしたお店、オーナーはクルマ好きでMacユーザー、とてもお洒落な紳士です。居心地の良い空気感ですが、宝石などはそうそう買える代物ではないのが辛いところです。
わが街にも素敵な方がいらしたことを発見できただけでも儲け物です。

http://www.chalone.jp/
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。