オートモビル・ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車検の記憶 その2
3番レーンはオートではないので、自分でボタンを握って検査を受けます。
左ハンドルにはチト厳しい位置からコードを引っ張ってくるので千切れそうでした。
なんやかんやと進んでいくうちに、
「ホーン鳴らして下さい。」
「・・・?」
さっきまで鳴っていたホーンが無反応。おまけに排ガスの数値が範囲外。ストップランプが点灯せず、方向指示器のメーター内のランプまで点きません。

どないなっとるねん?

焦って検査員にいろいろ聞いてみるが、「何も言えません。」の一点張り。
時刻は14時過ぎ。検査は15時30分までに通らないと週明け以降にまた来ないといけません。
駐車場でゴソゴソやっていても埒があかないと思い、駆け込み寺“モンテカルロ”へ向かいます。

途中電話で状況を説明し、到着するや二人して不具合箇所をバラしに掛かります。
ストップランプは単に球切れでしたので交換。メーター内のランプはとりあえず重要でないものと入れ替えて点灯確認でき、ホーンは接触不良でした。排ガスはおそらく順番待ちでアイドリング状態が続いたためであろうから、検査場に戻ってすぐに計ってもらえば数値は下がっているであろうとのこと。
急いで戻って再検査。
さっきの状況が嘘のようにあっさりと合格。15時15分!ギリギリでした。
[車検の記憶 その2]の続きを読む
スポンサーサイト
車検の記憶 その1
しばらく日が経ちましたが、この度の車検の記憶を記録しておきます。

10/14のCG Meetingに照準を定め、うまい具合に夜勤のローテーションが廻ってきたので予定を組みました。

10/7・8・9・10は昼過ぎまで車検に向けたCXの復元作業・整備。そして仮眠の後、夜勤。
10/11は夜勤明けに“モンテカルロ”に出向き、自賠責加入と車検の用紙をもらい、その足で市役所へ行き仮ナンバーを貰う。
10/12は夜勤明けでいよいよ本番。バタバタと最終チェックをして陸運支局へ向かいます。

まずはテスター屋で光軸、光量、スリップサイン、排ガスをチェックしてもらいました。光軸の調整に手間取っていましたが、問題なく終了。
いざ支局に乗り込むとちょうど昼休みで足止めを食らうも、まあコーヒーを飲んで休憩できたので佳しとしましょう。
昼一に手続きを始め、書類のチェックをしてもらいました。実はココの係員は同級生で従兄弟で幼馴染みのK君がやってます!といっても、何か恩恵がある訳ではありませんけど。

syaken12-1.jpg
「シトロエンやったら、2番がやりやすいで。」
という言葉を信じ、30分は並んだでしょうか。
やっとのことで順番が回ってきて検査が始まるや、エラー表示!!
検査員が飛んできて、
「このクルマ、ホイールベースが3m超えてますんで、3番のレーンで検査して下さい。」
やと。

なんとも不安な検査のはじまりはじまりデシタ。

つづく
忘れかけていた心地よさ
CXの車検を切らせて10ヶ月。乗れない状態になってから2年余り。
やっと車検に出せる状態にでき、合格しました。
syaken12-2.jpg
これさえ手に入ればこっちのもんです!

syaken12-3.jpg
よく見る景色が違って見えます。
[忘れかけていた心地よさ]の続きを読む
エアインテーク
外気取り入れのトンネルの取り付けです。
airin12-1.jpg
判る人にしか判らないと思いますが、ブロワファンに蓋をしたところ。

airin12-2.jpg
取り出してから随分時間が経って忘れていましたが、よくこんなところからあんなパーツを取り出したな、と。元に戻すのもひと苦労。知恵の輪状態。ちなみに、あんなパーツはココには写ってません。

acum12-3.jpg
先日のアキュムレーターも無事収まり、稼働確認もできました。
[エアインテーク]の続きを読む
持つべきものは
acum12-1.jpg
香川某所よりCXのパーツを提供いただいた。
内気外気の切り替えフラップのアキュムレーター。
ウチのはLLCが垂れて焼き付いてしまっていました。(左側)

輸入するにしても結構な値段がしますし、代用品を装着するにしても改造が必要ですから悩んでいたところでしたのでまさにグッドタイミング。
年式の違いで若干の違いがありますが、問題なく装着完了。
acum12-2.jpg
単体での動作確認済みですので、車輌に取付けて機能するかどうかだけの状態です。

持つべきものは友。
Hさん、ありがとうございました。
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。