オートモビル・ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッテリー
esparts.jpg
ウチのCXですがバッテリーが弱ってきています。これは厄介なことに突然死されるので安心のため予備を用意しておくことにしました。
以前に紹介しました大阪のES POWERSHOPというところで注文しました。66Aので7200円!金額のことばかり気にしていやらしいですが、現実問題、切実な問題です。
今付いているもので、調べてみるとこの倍以上はネット上でもしています。実際付けてみて耐久実験をしてみたいと思います。
あと、セール品のカーカバーとフィルターレンチ、ワイパーブレード等それと初回注文時のおまけで、パーツクリーナー、洗剤、スプレーグリス、バッグも届きました。
スポンサーサイト
メアリ
mehari.jpg
FTPにてメアリを2台見かけました。
写真の1台は滋賀から。何を隠そう、我がファミリアールの前オーナーであるとともに、しシトロエンショップのオーナーです。
もう1台は名古屋から。シトロエンの歴代の様々なモデルを乗り継いでこられているとのこと。20数年前にはファミリアールを新車!で購入されたそうです。ウチの車が同じカラーリングなので懐かしくなられたそうです。私その時、ラリーの出走前でしたのでゆっくりお話しできず、ラリーが終わりその方の車のところまで行ったのですが、もう帰られた後でした。
ところでファミリアール、20数年前で確か580万円位だったと記憶しているんですが、今で言うとどれくらいの価値になるんでしょうか。今セルシ○で700万円位から買えると思うんですが。
FTP
ftpcx.jpg
会場に到着するまで、降ったりやんだり、時には激しく降ったりの悪天候でしたが、到着してラリーの始まる頃にはすっかりいい天気になり、暑いくらいでした。前日取り付けに間に合わせた簾もその役目を果たしてくれました。
スタッフの方々の説明や案内を聞いていると、アクセントの違いに、遠くにきたんだなあと思えてしまうのでした。その関係者の方々の丁寧な案内や、フレンドリーな対応にとても居心地の良さを感じました。ありがとうございました。来年も是非よろしくお願いします。
ラリーも無事ゴールできました。経験者に概要を聞いていたんですが、夫婦喧嘩にもならずに済みました。でも途中で妻が「喧嘩になるのもわかるわ。」と言った時には、若干緊張が走りました。
行き帰りの道中をいかに快適に過ごすかが、来年への課題ですね。
FTPより
zekken.jpg
FTPより先ほど無事戻ってきました。
いやー楽しかった。
そして非常に疲れました。昨日はほとんど寝ていないのでこれからぐっすりと休ませてもらいます。
という訳でイベントの詳細は後ほど。
FTPへ
いよいよ明日に迫りました。
間もなく出発です。余裕を持ってのんびり向かいたいと思います。
福井県北部の天気予報は、雨のち曇。大雨にならないことだけを祈ります。
しかしウチには約1名大雨女がおります・・・。
フレンチトーストピクニック
いよいよ日曜日はFTPです。
明日も仕事ですので、帰ってきて準備をして、深夜に出発予定です。
ピクニックラリーにも出場します。ゼッケン64です。
初参加のイベントなんで、とても楽しみです。
続・簾
sudare2.jpg
写真の簾の右側の色の薄いところは素の簾で、左の色の濃いところはニスを塗った後の簾です。
なぜ色を塗ったかというと、いかにも買ってきて付けました感を避けるためと落ち着いた感じを出したかったためです。なぜニスかというと、普通の塗料ですと粒子が大きく天然素材の風合いがなくなってしまいべったりとした感じになってしまうからです。その点ニスは粒子が細かく透明感があるので、素材感は残しつつトーンだけを落としてくれ、私のイメージに合います。塗り重ねれば、より深い色合いにすることもできます。今3回塗りの状態です。
取り付けたときにどれだけ車内に匂いがこもるかだけが、心配です。
sudare1.jpg
夏対策にカーフィルムをと思っていましたが、内容と価格に納得できるものがなかなか無く、それでも季節はどんどん暑くなって行きますので、簾仕様にてしばらくしのぐことにしました。
あまり安っぽくならないように、少し手間をかけて製作中です。
市販の簾を窓のサイズに切ったりほぐしたりして合わせ、外側だけをスプレーニスで落ち着いた色合いにして行きます。今ここまでです。後は細かい仕上げ処理をして取り付けですが、時間が取れません。
日曜のイベントに間に合うでしょうか?予報では雨とか・・・。
カースタイリング
carstyling.jpg
先日のフレンチ・フレンチにてCX乗りのM氏よりカースタイリング誌をいただきました。
というのは以前このブログにて書いた、私がガンディーニ氏を崇拝している記事を読んでくださっていて、それならばとM氏の所有されているガンディーニ特集号を持ってきてくださったのでした。
プレゼントでこんなに喜んだのは久方振りです。ありがとうございました。
M氏はCXに乗り始めてもう14年になるとか。整備も全部自分でこなされますし、奥様もガンガン乗られています。いつも家族4人仲良くイベントに参加されています。ウチもいつまでもそうやって行けるよう見習いたいです。
ヴァンテアン
r21t.jpg
Renault 21 turbo この車(写真の車とは無関係)は私がBXを購入しようかと考えていた頃の対抗馬でした。
今みても渋いですねえ。松任谷正隆さんもかつて試乗して即購入されたそうです。CGでベタ褒めされてました。
でも後悔はありませんし、BXを選んでよかったと思ってます。そのおかげで今の環境がありますし。いろいろありましたが・・・。
第6回“フレンチ・フレンチ”
fre06.jpg
フレンチ・フレンチに参加してきました。
良すぎるくらいの天気で、会場に向かうときから汗がにじんできました。今日だけですっかり焼けてしまいました。鼻の頭だけが赤いです。
今回はシトロエンの割合が低かったようでした。ルノー、プジョーに随分と押されていました。やはり販売台数に比例してきてるんでしょうか。
懐かしい面々と話し込んでいるうちに、気になる車も帰ってしまい、会場の様子も把握できないままお開きといった感じでした。私にとっては車を見に来るというより、人に会いにくるイベントになってきています。
次は7月23日(日)です。人間がヒートしないように気をつけてまたお会いしましょう。
fre-freにむけて
フレンチ・フレンチにむけて、簡単ですが洗車をすませてきました。
心配されていた天気も晴れのようでひと安心です。
明日は家族で参加ですので早めに用意しないと出発が遅れてしまいます。娘たちがいつまで退屈せずにいてくれるかだけが気がかりです。
参加される皆さんお会いできるのを楽しみにしています。事故などないように。
自動車税
自動車納税通知書が届きました。
いつも思うことですがなぜ旧車が1割も余計に支払わなければならないかがわかりません。百歩譲って、他の車を1割引にしてあげればいいじゃないですか。使い捨て文化を助長してどうするんですか。ものを大事にするという精神をもっと育むべきです。何でもかんでも金儲けに走るから世の中おかしくなっているんじゃないでしょうか。本当に国がひっくり返ってしまいます。
もったいない、の気持ちを大切に。モノにももっと愛情と愛着を!
focus
focus.jpg
インポートカー フェスティバルにてFord focus STなる車が展示してありました。
何となく気合いの入った車だなあという程度で見ていたんですが、実はWRCのベース車両で日本導入150台の内の1台だとか。おまけに正式発表前らしいです。
ランエボやWRXみたいな、いかにも感がないので好感が持てました。
FTP 2006
5月28日に福井県金津創作の森にて開催される“フレンチ トースト ピクニック”に参加します。
その中のピクニックラリーに応募していたんですが、希望者多数で選考結果待ちでした。その案内が今日届き、無事出走できることになりました。
このイベントは初めての参加なので期待と不安が入り交じっています。会場まで片道350kmですのでちょっと頑張らなければいけません。でも新しい出会いがあるかもしれないので楽しみです。もし、このブログを見てくださっていて、参加される方がいらっしゃれば、お声を掛けてくださいね。
おまけ
omake.jpg
今、缶コーヒーにランボルギーニのミニチュアカーが付いてきます。
早速買ってみましたら、LP400でした。去年の今頃も違う会社が缶コーヒーにランボルギーニのミニチュアカーを付けてました。そのときのあまりを買い取ったのでは?と思いつつも、ついつい買ってしまいそうです。
もう一つ、インターネットでランボルギーニファクトリー&ミュージアムにご招待!のプレゼントまでやっています。
一言、こんなマニアックな旅は一般人にプレゼントしてはいけません。本当に行きたい人、行くべき人、価値のわかる人にプレゼントすべきです。私は新婚旅行を兼ねて、まさにそこへ行きたかったのですが、調べてもはっきりした住所が分からなくて結局間に合わず、断念したのでした。
2組4名様かあ。
cafe
hcafe.jpg
久しぶりにハンモックカフェにお邪魔してきました。
ここはオーナーが1年がかりでコンテナをカフェに仕上げたそうです。1階は父上がこれまたマニアックな中古車屋さんを営んでおられます。
一つの理想型ですね。
インポートカー・フェスティバル
eon.jpg
市内のショッピングセンターにてインポートカー・フェスティバルと称してディーラーの合同展示会がありましたのでhide_zさんの家族と見に行ってきました。
BMW、MINI、Ford、Renaultから2台ずつの展示でした。目当てはKangoo、最近よく見かけるんですが実際手に触れることはないんで、ごそごそといじくってきました。家族でキャンプに行きたくなるデザインですね。アウトドアが似合います。
何より驚いたのは、ルノーのセールスマンが友人の弟だったことです。狭いですね。
ルノー購入をお考えの方は是非よろしく。
TRI
bxtri.jpg
写真は昨年末のCX車検時に代車としてお借りしたBX TRIです。
シトロエンの世界にのめり込むきっかけとなったのもBXでしたので、私はGTiに乗ってましたが、大変懐かしく感慨深かったです。
娘の方が気に入ってしまい、CXが車検から戻って来た後も「青いクルマがいい。」としばらく取り憑かれたように言っていました。解らなくもないですが。
(注1)プール
前述のプールですが、ウチは別に大富豪でも大地主でもありません。
念のため。
只、祖父と父が器用でいろんなモノを作ってくれたうちの一つです。
あしからず。
ピット
pit.jpg
ガレージの床にクルマの下に潜り込めるようにピットがあります。
ピットという表現が正しいのか解りませんが、しょっちゅうCXの下に潜り込んでいる私の姿を父が見かねて作ってくれました。元々は子供用のプール(注1)でした。1/3程残して埋め立ててあります。使い勝手はどうなるでしょうか。
ラゴンダ
今出ているNAVIの表紙がアストンマーティン・ラゴンダです。(+夏木マリ)
アストン自体にはそんなに私自身思い入れは無いのですが、ラゴンダだけは別物です。いつからかは解りませんがとても気になるデザインです。高級車にこのデザイン、なおかつそれで見事にまとまっている。素晴らしい!
学生時代に大阪で同じ車両ですが何度か街中で見かけましたが、ただただ興奮でした。
乗ってみたいなあとは思いますが、万が一所有した時、今の生活の延長線上では運転するシチュエーションが思い浮かばないことに気付きました。
インロック
某国産車に乗る友人がクルマのキーをインロックしてしまいました。
サンプルが少ないので何ともいえませんが、少なくともX1/9とCXはドアを閉める際にロックを掛けておくことができない構造になっています。つまりドアを閉めた後にキーでロックを掛けるため、閉じ込みの心配がありません。欧州車は多いんではないでしょうか。
まあ最近のクルマはリモコンが標準装備でしょうから、あまり気にすることでもないでしょうが。
french-french
第6回“ フレンチ-フレンチ ”が5月21日(日)いつものところ、いつもの時間で開催されます。
もちろん参加予定です。先々月参加したところですが随分前のように感じられるのは何故でしょう?

詳細はこちらに案内されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/citroen6888

参加される皆さん、当日お会いできることをを楽しみにしています。
ガレージ
garage2.jpg
ガレージに屋根材が載りました。
格好はついてきました。後は細かな仕上げです。鉄骨に錆び止めの上からグリーンの塗料が塗りかけられていますが、私のゴリ押しで、フレンチブルー(ゴルディーニのようなソリッドのブルー)に変更しました。
実家は兼業農家でして、今の時期田植えの準備で大忙しですので、完成はしばらく先になりそうです。このGWもほとんど潰れてしまいました。
燃費
CXの給油に行きました。
457.9km走行で53.8l給油。8.133km/l。
今回は与島mtg.の参加で高速、長距離の移動が多かったため延びました。
欲深いもので、もう少し延ばしたいですねえ。
ガレージ
garage.jpg
実家にてガレージを建てています。
といっても親がですが。税金の関係上、壁なし屋根のみです。
ウチの親父は大概のことを自分でやってしまうので、手作り感覚です。ですから頭数のいる時は知り合い等を総動員です。写真は棟上げ時のものです。
登坂車線
高速道路で思うこと。
登坂車線を造るより、追い越し車線を増やせないものか。日本のように左側通行では難しいのかもしれませんが、なぜ坂道を上るのが厳しいクルマにわざわざ車線変更をさせるのか、力に余裕のあるクルマに車線変更させて追い越させないのか。
やはりこの国の根底には弱いものいじめの精神が宿っているのでしょうか。
考え過ぎでしょうか。
マナレイア
ishigama.jpg
市内に出来た石釜で焼き上げるのが売りのパン屋さんに行ってきました。
店の前にはベンチとテーブルがあり、買った商品をその場で食べることができ、なおかつセルフですがホットコーヒーが20円で飲めます。只暑かったので、市販のアイスコーヒーを買ってしまいましたが。
種類も多く、どれも食べてみたくなるようなものばかりでした。
HUMMOCK Cafe
hummock.jpg
以前このブログで紹介しました、カフェが地元の情報誌に紹介されていました。
久しく行ってませんので、またお邪魔しようかと思ってます。かなり解りにくい道順でなおかつ細い道、とどめはファミリアールでしたら一回では切り返せないシケイン(ハンモックシケインと個人的に呼んでいます。)を越えてやっとたどり着きます。しかしそこには極楽の空間が。同じ敷地内にはこれまたマニアックなラインナップの中古車屋さんもあります。

こちらのオーナー、CX ファミリアール Sr.1を探されてますのでいい情報等ありましたら、是非お知らせください。
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。