オートモビル・ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロジェクト A&B
montepunto.jpg
プントカブリオのCVTの具合が悪くなりかけた頃から、私の頭の中ではこんな妄想が膨らんでいました。
ベルトーネ製のプントカブリオボディ+アバルトチューンエンジン→最速のプントカブリオ!
アバルトとベルトーネのダブルネーム名付けて“プロジェクト A&B”
この最高のタッグは私の知る限り、ランチアストラトス以来ではなかろうか。夢の競演です。
そこで今回のプントアバルト(検切れ)にたどり着きました。ドナーのつもりで手に入れたこのクルマ、実車を見た瞬間「ウチのよりかなり程度がいい。」。それからは妄想と現実との戦いです。
家族の意見も聞きつつ、結果アバルトを車検に通すことにしました。平日休みもすぐにはとれないので、早速モンテカルロへ出向きお願いしてきました。
ということで、“プロジェクト A&B”はあえなくボツと相成りました。
スポンサーサイト
プントコレクター
puntoAC.jpg
ウチの庭にプントが2台。
CVT不調のカブリオの部品取りとして昨日引き取ってきました。
“スポルティング・アバルト”
久々のMT車(大型車は除く)、京都からの楽しい下道ドライブを堪能しました。
真っ赤っかのクルマと真っ黄っきのクルマを見て、またご近所さんは私を変態扱いするんでしょうな・・・。
天災
連日報道されているまさにその地域を抜けて通勤しています。
いつも見ていた景色とはまるで別の光景に、気の毒としか言いようがありません。
何事も無く過ごせているということのありがたみを痛感します。
変化
しばらく更新しないうちに、今の会社での勤続年数が10年を過ぎ、また一つ歳をとり、プントがほぼ不動になりました。
前々からCVTの具合が良くなく、修理の方向性を思案していました。手間を掛けてまた不安のあるCVTに乗り続けるのか、いっそMT化してしまおうか。それともまた新たに・・・?いやいや。
現在庭で待機中です。
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。