オートモビル・ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デザート
3dan.jpg
引き渡し当日、関係者の皆さんにお出しするために妻が朝から子供達と作ってくれたデザート。
一つは既製品ですが、この日のためにIKEAで調達してきた3段トレーとも相まっていい感じです。
ティーカップも合うものが無かったので、amazonで注文してギリギリ当日昼過ぎに到着しました。
大変美味しくいただきました。
スポンサーサイト
第1段階終了
hikiwata.jpg
本日は我が家の完成・引き渡しでした。

午前中には融資の手続きも完了し、私自身が札束の山を見ること無く、ハウスメーカーに渡っていきました。
午後からはキッチンメーカーの担当者が説明と撮影に来られ、夕方からはハウスメーカーの各担当者、設計士さんも来られました。
皆さんそろったところで記念撮影!

おかげさまで私にとって人生最高の“作品”が出来上がりました。
ありがとうございました。

さあこれからは皆さんを招待できる様に、外回りや細かなところ、設備などを整えていきますので楽しみにお待ちください!
エルイーディー
ledfoot2.jpg
照明にもいろいろな種類の電球が使われて、それぞれに一長一短があるのでどこに何を使うのかで非常に悩みます。
最近はLEDという選択肢も増え、悩ましいです。世間が騒ぐほどメーカーのカタログにはLEDの露出が少ないなと思っていたところ、あるエコ雑誌で“メーカーは電球型蛍光灯に相当投資しているので、その回収のためにLEDには及び腰”という記事を読んで妙に納得してしまいました。

ウチは1点だけLED照明を買いました。雰囲気作りだけのためのフットライトです。あっても無くても問題の無いようなライトのくせに、1番高くつきました。

しかし、無駄なものにお金をつぎ込むということが本当の豊かさではないかと私は思います。“無駄”を“好きなこと”、“お金”を“情熱”に置き換えてもいいですね。
[エルイーディー]の続きを読む
照明
lights.jpg
照明は父が電気工事屋を営んでいるため、仕入れ値で入る予定でした。
たまたまウェブで格安の照明屋を発見。ウチで買うよりもかなり安いので、怪しく思い電話で問い合わせてみました。話してみると、別にヤバそうな雰囲気も無くまともなことを言っているので、そこから購入することに決定。

ただ、機器の選定には相当時間とエネルギーを割きました。年末あたりから私の愛読書はタウンページほどの厚さの住宅・店舗照明カタログでした。おかげで随分と照明に詳しくなりました。ちょこっと営業ができるくらい・・・。

で届いたのがこれら。
定価のほぼ半値で購入できました。まだもう少しそろえたいものはありますが急ぐものでもないので、生活しだしてから最適なものを選んでいこうと思っています。
ライフライン
dentyu.jpg
去年末より申請していた電柱がやっと立ちました。
我が家は集落の端で、しかも諸事情で実家側から電気を引き込めないので新たな引き込みが必要になっていました。しかしまだ電線が通っていないので、しばらくは実家からの仮設電源での作業となります。
トイレ・トイレ2
トイレのつづき。
便器側からみるとこんな感じです。
toilet2.jpg


そして手洗いボウル。外国製品を崇拝する訳ではありませんが、納得いくデザインを探しているとそうなってしまいます。
toilet3.jpg


元々のコンセプトが違うのか、商品と作品くらいの違いに思えます。

タオルハンガーとトイレットペーパーホルダーのいいものがまだ見つかりません・・・。
トイレ・トイレ
トイレがほぼ完成しました。
自分でいうのもなんですが、惚れ惚れしますね。イメージ通りの出来映えです!
で、そのイメージ。
toiletimg.jpg

そしてこうなりました。
toilet.jpg

どーですか?お客さん!?
不参加
本日は急な休日出勤でした。
新事業立ち上げで勤務形態が変わってきました。24時間稼働のため夜・休日など関係なくなってしまい、そしてついに心配されていたイベント開催日に出勤という事態が起きてしまいました。
3月21日(日)フレ・フレ 参加できません・・・。

また次のイベントを楽しみにしておきます。
ナナマツリ
pnt777.jpg
本日、プントの走行距離が77777kmを差しました。
タイミングよく停車できましたので、記録写真をおさめてみました。
ゼブラー
clothbw.jpg
直前で変更し、冒険してみた和室の壁紙。パターンをそろえて色・素材を変えています。
ぱっと見ゼブラの様で派手派手しそうですが、案外落ち着いています。部屋の入り口からは白しか見えず、入ってみると背後に黒壁が迫ってきます。
まあ和室というより、畳のある部屋。ですね。
外壁
10gaiheki.jpg
本来なら外壁に板を貼る場合、同じ長さにそろえて上から下まで貼ってしまうので、継ぎ目が一直線に入ってしまいます。
どうしてもそれは避けたかったため、板張りの廊下の様に互い違いにしてなおかつ、木口を45度にカットして合わせてますのでほとんど継ぎ目が見えなくなりました。押さえの釘も最小限ですので、経年変化で隙が出たり反ったりするかもしれません。

そんなマイナス要因よりも、この仕上がりが私には重要なのです。
外観
10gaikan.jpg
さあ3月。
今月末には完成ですので、詳細情報を紹介していくことにします。しばらくは家ネタ・自画自賛日記が続くかもしれませんが、ご容赦ください。

外観に関して、いかにも新築しました!にはしたくはなく、こんな家あったっけと思われるように落ち着いて周りになじむように心掛けました。
屋根は瓦です。色の選定に相当悩みましたが、形と色の組み合わせに納得いくものが無く、この様になりました。
外壁は天然素材が使いたかったので、着色杉板です。貼り方も職人さんに無理を言って互い違いにしてもらいました。(別料金)
サッシ・樋もうまい具合に色を合わせることができました。
4歳
4years.jpg
ウチの下の娘の誕生日でした。
生まれて間もないこの子を連れて、春の瀬戸大橋ミーティングに行ったことが思い出されます。
彼女が運転免許を取る頃にもまだシトロエンは元気に走り回っているでしょうかねぇ・・・。
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。