オートモビル・ダイアリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョーン・プレイヤー・スペシャル
jpsl.jpg
我々の世代で初めて目にしたF1というのは、おそらくこの“JPSロータス”か6輪の“たいれるP34”のあたりじゃあないでしょうか。
間近で見ると、現代のF1に比べて仕上げの粗さといいますか、町工場でメカニックが急いで仕上げたような雰囲気が感じられました。今のが工業製品だとすれば、工芸品といった感じですね。
レギュレーションでいろいろ制約があるでしょうが、このころのスリムなデザインがイイです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうそう
友人とだれか持ってないかなって言ってたんですよ
6輪の「タイレル」と全然勝てなかったおケツにファンの付いたアルファロメオのF1(瀑)
2007/07/21(土) 14:58:46 | URL | citromeo #-[ 編集]
確か、ファンカーは若かりし日のゴードン・マーレーの作品でしたよね?
2007/07/24(火) 01:30:45 | URL | fuq #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://familiale.blog48.fc2.com/tb.php/532-c4dd6795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。